土地活用で太陽光発電をする方法と他との違い

土地活用で太陽光発電をする方法と他との違い

太陽光発電を事業としてする場合は、広い土地を所有している場合は選択肢の一つにあります。
土地活用で太陽光発電をする場合は、リスクはどうなのでしょうか?
土地活用について、いろいろな面から判断をしてみましょう。
 
 
 
★☆★ コストや予算面から土地活用を考える ★☆★
 
土地活用で建物を建てる場合は低コストはありえません。ですが、建物や土地は担保にできます。
自己資金が潤沢になくても、借入金を使う方法があります。現金での支出は最低限でおさまるでしょう。
手持ち資金だけで土地活用をするならば、負担はほとんどありません。
借りてくれる人が見つかればすぐにできますし、最近増えているのが青空コインパーキングです。コチラも初期投資は少ないです。
 
10台程度の自動車を駐車できるスペースならば、コインパーキングで初期費用は300〜500万円ほどです。
アスファルト舗装して、時間貸しをする駐車場でも100万円前後で OK。人を雇って管理するならば、さらに人件費がかかります。
 
これが立体駐車場になると大規模な設備が必要。投資額も多くなりますが駐車効率は良くなります。
入ってくるお金が大きくなりますが、それだけの需要があるかどうかも大事。
 
太陽光発電やトランクルームなどの土地活用も同じように考えられます。
土地のスペースによって資金が大きく違います。
個人的に経営する程度ならば数百万円あればできるでしょう。しかし、大きな収益性は見込めません。

収益 物件

売電収入

投資比較

ソーラー事業

太陽光 補助金